墓じまいをするときには寺にお願いをしないといけないことがあります。寺には多くの場合、魂抜きと呼ばれる供養があるのですが、これを墓じまいのときにやってもらうことが多いです。墓からそのまま遺骨を取り出して終わり、というわけではないのです。墓じまいで墓はなくなり、その場には埋葬をすることがなくなりますが、それでも取り出した遺骨はどうにかしないといけないわけです。そして、別のところに埋葬するのであれば、役所に届け出る必要性があるのです。永代供養をするというのであればそれをお願いする必要性がありますし、散骨するならばどこにするのか、ということを考えないといけないことになります。割と多くの人が散骨の場所に拘る、というこどかあります。それは当然ではあるのですが、キチンとやっても問題ないところにする、ということにしたほうがよいでしょう。それは当然ではあるのですが割りとわかっていない人が多かったりしますから注意しておきましょう。