墓じまいを行う方というの、近年の日本において多くなっています。高齢化社会でもあり跡継ぎなどがいないという家庭も少なくはありませんし、地方においては跡継ぎ入るものの、都心に移り住んでおりなかなか帰ってくることができないというようなケースも多いのではないでしょうか。
墓じまいをされる方の多くは、墓の手入れが困難になったことから行われます。墓じまいと言っても永代供養をすることだけが墓じまいではなく、その土地から墓を別の場所に移動させるということも墓じまいの一種となっています。墓は勝手に破棄を行うことができませんので、然るべき手続きを行う必要があります。墓じまいをするときには、お骨の引き取りを考えなくてはいけません。お骨は「永代供養」と「手元供養」「散骨」などから供養の仕方を選ぶことが必要となります。お墓のある市町村の役所にも改葬許可証をもらわなくてはいけません。これらはお寺や墓石店に依頼をすることが大切です。