墓じまいをして管理に負担がかからない納骨堂や樹木葬といった方法にしようとする方が増えてきています。それは日本社会は超高齢社会となってきていますので子供の数が減ってきていることから、先祖代々から受け継いできた墓を今後は墓を管理する者が少なくなってきています。また未婚のまま結婚をしない独り身の子供も増えてきています。そうした理由から、墓じまいをして子供に墓の管理の負担を減らしたいと思っている親が意外と多くいらっしゃいます。
墓じまいは、メリットもあればデメリットもあります。メリットばかり考えてしまってデメリットのことまで考えないと後々トラブルの原因になることもありますので、デメリットに関してもしっかりと理解しておくことが大事です。
墓じまいのメリットは、今後墓の管理の負担を減らすことができる点です。墓じまいをして納骨堂や樹木葬にすれば、管理の負担はだいぶ減ります。一方墓じまいのデメリットは、先祖の供養を今まで長年行ってきたお寺との関係に亀裂が生じることがある点です。お寺と円満に墓じまいをする場合には、今まで先祖代々の遺骨を預かって頂いた感謝の気持ちをきちんと伝えることが大切です。そうすれば円満に墓じまいをしていくことができます。