最近は、地方の田舎のお墓の維持管理が出来なくなり、墓じまいを行い、暮らしている都会の近くの納骨施設等に遺骨を移そうと考えられる方が増えています。
しかし、勝手に遺骨を取り出して墓じまいをして、新たな納骨施設に遺骨を納める事はできません。墓じまいをして、遺骨を移すには、手続きが必要です。
まず新たな納骨施設に遺骨を移す場合には、その施設と契約をして遺骨の受け入れ証明書を発行してもらいます。その上で、元々のお墓の管理者に墓じまいする事を申し出て、そのお墓に眠る遺骨の埋骨証明書を発行してもらい、この両書類を添付して現在のお墓がある自治体に申請し、改葬許可証を発行してもらい、それを新たな納骨施設に提出する事で、遺骨を受け入れてもらう事が出来るのです。
墓じまいをして、新たな納骨施設に改葬する場合には、以上の様な手続きが必要で、また永代使用権をお墓の管理者に返還するに際しては、墓石や巻き石を撤去して更地にして返す事も必要で、非常に手間と費用が掛かる事を理解しておくことも必要です。